ちょっと気になる、たまごの大きさと料理の関係

2023.09.02

  • たまご日和

たまごの大きさは、にわとりの年齢で違います。にわとりさんの産み初めのたまごは「初卵(はつたまご)」として販売しています。たまごの大きさはとても小さいです。が、若い細胞から産み出されるたまごはとても元気で黄身がプリプリ。皿に割ってみると盛り上がりがすごいです。そして、にわとりの成長とともにたまごも少しずつ大きくなってきます。

ですので2L以上の大きなたまご(「大玉」として販売しています)は、日齢400日以上の成熟したにわとりのたまごが多いです。

どっちもおいしいたまごに違いはありませんが、それぞれたまごに特徴があります。知って使うともっとおいしくたまごが食べられると思います。今回は料理に合ったたまごの選び方をお伝えします!

ゆでたまご

これは大きくても小さくてもお好みで。黄身の味のくせが気になる方は植物飼料だけのオメガたまごがおすすめです。

卵焼き

大きめがおすすめです。大きなたまごは白身の割合が多いのでふわっと仕上ります。よりふわっとした卵焼きがお好みなら2L以上の「大玉」で。

目玉焼き

小さめのたまごがおすすめです。初卵がベスト。たまごの高さがあって黄身が球に近いほど黄身がとろりと仕上がります。白身も広がりすぎずきれいな目玉焼きになります。

オムレツ

手早くトロトロの食感に仕上げたいので、成熟したにわとりの大きいたまごがいいです。小さいたまごだと張りがありすぎて固くなってしまうようです。

たまごかけご飯

Mぐらいまでの小さめで、なるべく産み立てに近いたまごがおすすめです。黄身をそのまま食べるのでいいえさを食べているにわとりのたまごがベストです。

おがたエッグファームの箱入りはM玉L玉と大きさをそろえて入れていません。大小バラバラで入っています。なので料理に合わせてたまごを選んでみてください。

お客様からもいろいろな大きさが入っているのがいいとよく言われます。我が家でも、料理に合わせて大きさを厳選しています。

そして、たまごかけご飯とゆで卵には絶対オメガたまご。すき焼きにはオメガたまごの有精卵とこだわっています。

と言ってもそれぞれ好みがありますので、好きに食べるのが一番おいしいのですが、ちょっと選んでみると、新しいたまごの美味しさに出会えるかもしれませんね。

暑い日のたまごの取り扱いについて

今年は早い梅雨入りでしたね。だんだんと気温も上がって暑い日が続くようになります。

暑い時でもおいしくたまごを食べてもらいたいので、夏のたまごの保存方法などお伝えします。

たまごを購入してクーラーの入った車内であればそのままで大丈夫です。

途中買い物などで寄り道するときは、車はなるべく日陰に止めて、窓を少し開け、風通しを良くしておいてください。家に着いたら必ず冷蔵庫へ。

次の日におみやげで持っていくなどの場合は、冷蔵庫に入れず涼しい場所においててください。

温度差による結露が一番たまごにとって良くないです。卵は水にぬれると表面から雑菌が入りやすくなります。

極端に気温の高いところに数時間置かない。

温度差による結露に気をつける。

この二つを守れば夏でもお安心して食べていただけます。栄養満点のたまごで暑い夏を乗り切りましょう!

農場日々のこと

最近は忙しくてゆっくり鉄道旅はできませんが、実は「乗り鉄」です。

若い時は「青春18きっぷ」を使って時刻表を見ながらあちこちでかけていました。

この「青春18きっぷ」は5枚つづりで11,000円でしたが、金券ショップなどではバラで販売していたので、1枚だけ購入して、大阪から熊本に帰省していました。

12時間以上かかりますが2200円で帰れていました。お金はないけど時間と体力があった学生時代だからできたことですね。12時間列車に乗りっぱなしは結構疲れます。

この「青春18きっぷ」今も販売されているんですね。先日ラジオで話題になっていて懐かしく思いました。もちろんこの切符「青春」でなくても「18歳」でなくてもだれでも購入できます。

3月に特急ヤマセミカワセミに乗って阿蘇に行きました。久々の鉄道旅。駅弁を買って1時間半ほどの鉄道旅を楽しみました。

車窓からの眺めを楽しみながらビールを飲む!今は「飲み鉄」です。(笑)

Journal関連記事

Itemこだわりのたまごたち

たまごと加工品をオンラインで販売しています。
自然豊かなこの地で、大切に育てられたこだわりのたまごと加工品を是非お楽しみください。

We sell eggs and processed products online.
We hope you will enjoy our eggs and processed products carefully nurtured in this rich natural environment.

more

Letterおたより

お知らせや新商品のご案内、
おがたエッグファームでの日々の鶏とたまごのお話をお届けします。

We will provide you with news, information on new products, and
We will deliver daily stories about chickens and eggs at Ogata Egg Farm.